1. Interactive Library for Notes
  2. >
  3. TOPページ

Interactive Library for Notes― Notesのデータを有効活用するための汎用Lib. ―

既存のLotus Notesをどうしようか、お悩みではありませんか?

お悩み

そんなあなたのお悩みに、朗報

Interactive Library for Notesが解決します!

概要

Interactive Library for Notesは、Lotus Notesに蓄積されたデータをSharePointをはじめさまざまなアプリケーションで活用するための汎用ライブラリです。

使用に際しては、アプリケーションの場所やOS・実行環境等を意識する必要​はありません。Interactive Library for Notesは特定の製品・ベンダーに依存しないため、お客​様は各々の利用シーンに応じて.net / Java / Webの各ア​プリケーションからLotus Notesのデータを自由に活用することが可能です。

Interactive Library for Notesは、Lotus Notesと新システム間の双方向においてデータの読み出し / 書き込みを実現します。そのため2つのシステムを並存利用した場合においても、データの整合性を保つことが可能です。

  • 構成
  • またLotus Notesをリプレイスする場合、Interactive Library for Notesを利用することによって、
    • 全社一斉にシステムをリプレイスする必要がなくなり、リスクを見極めながら徐々に作業を行うことができる
    • リプレイスにかかる費用を抑制、または分散させることができる
    • 社員教育等にかかる負担を分散することができるため、日常の業務遂行に支障が出にくい
    といったメリットがあります。

利用イメージ

  • フェードアウト

    フェードアウト

    Notesを
    すべて新システムへ移行

    既存のLotus Notesのデータを部門単位・プロジェクト単位で徐々に移行し、最終的に新システムにすべて移行することができます。
  • フェードアウト+一部稼働

    フェードアウト+一部稼働

    Notesを一部残しながら
    新システムへ移行

    既存のLotus Notesのデータを徐々に移行しつつ一部のデータをLotus Notesに残し、新システムと平行的に稼働することができます。
  • Notes・新システム平行稼働

    Notes・新システム平行稼働

    新システムを構築し、
    Notesのデータを利用

    既存のLotus Notesはそのまま使用し、Lotus Notesのデータを新システムで利用することができます。

特長

Interactive Library for Notesは、以下の機能を備えています。

  • WCF Webサービスに対応

    Interactive Library for Notesは、Microsoftが提供するWCFを利用したWebサービスのインターフェースを装備しています。これにより、システムの場所やOS、実行環境等を意識することなく、多様なアプリケーションと接続することができるようになります。
    もちろん直接.NETからInteractive Library for Notesを使用し、アプリケーションを開発する事も可能です。
  • 各DBに設定されているアクセス制御リスト(ACL)が取得可能

    Interactive Library for NotesはLotus Notesの各DBに設定されているアクセス制御リスト(ACL)を取得することができます。また各文書の権限に関しては、作成者フィールド、読者フィールド等の設定値が取得可能。これにより、新システムにおいてもLotus Notes上で設定された文書に対する制御をほぼ同様に行うことができます。
  • 旧バージョンのLotus Notesに対応

    Interactive Library for NotesはLotus Notesのバージョン5以上に標準対応。既にサポートが終了しているバージョンであっても、新しいシステムからデータを利用することが可能です。
    ※ NotesクライアントはR7.x以降(R8.5を推奨)が必要です。
  • 添付ファイルも参照可能

    Interactive Library for Notesを利用することにより、新システムからLotus Notesに保管されている添付ファイルをファイル名もそのままに参照することができます。
    ※ 変更したファイル等を書き戻してLotus Notesに上書きを行うことはできません。
  • Lotus Notes内の文書へ直接アクセスするためのアドレスを「識別子」の形式で提供

    Interactive Library for Notesは、新システムからLotus Notes内の文書に直接アクセスするためのアドレスを「識別子」の形式で提供します。そのため識別子を生成するためのプログラムを新たに作成することなく、新システムからNotesクライアントを経由してダイレクトに文書を開くことが可能になります。
    ※ 文書を開くためには別途NotesクライアントまたはNotes Web Accessが必要です。
  • 汎用検索機能を実装

    Notes式をパラメータとして設定する事で汎用的な検索が行えるようになりました。
    Notes式の知識がそのまま活用できるため、例えば日付による指定日以降の差分取得も簡単に行うことができます。

構成

構成

  • 既存システムのNotesクライアントとInteractive Library for Notesは1対1の関係

    Notesクライアントに付与されている権限はInteractive Library for Notesで利用可能。(Notesクライアントに付与されている権限が、実際にDBへアクセスする際の権限となります)
  • Interactive Library for Notesに対し、Lib.クライアントは複数接続可能

    Webサービス経由でアクセスする際には、ユーザ数分のLib.クライアントが必要となります。.NETアプリケーションとして直接ライブラリを利用する際にはLib.クライアントは必要ありません。

  • (*1)
    対応するRDBはMicrosoft SQL Serverです。その他のRDBについては別途お問い合わせください。

Lotus NotesからRDBへの移行・同期

[ RDBへの移行イメージ ]

  • RDBへの移行イメージ
    • RDBへの移行・同期
      Interactive Library for Notes Ver.3では、オプションのRDB Adapterを利用することにより、Notes DBの全データをRDB(*1)に移行することができます。
      データの移行をサポートする設定ツールも標準で添付されています。またNotes DBの文書が更新されると、自動的に差分をRDB(*1)に書き出します。
    • RDBが接続できるアプリケーションからデータを自由に利用
      RDB Adapterを利用してRDB(*1)に移行されたデータは、元のNotes DBを意識する必要は一切ありません。

(*1)対応するRDBはMicrosoft SQL Serverです。その他のRDBについては別途お問い合わせください。


[ Lotus Notesと移行後の画面例 ]

  • Lotus Notesと移行後の画面例
    • リッチテキストを反映
      RDB AdapterはNotes DBをRDB(*1)に移行する際、リッチテキストをそのまま反映することができます。
    • RDB ⇔ Notes DBの双方向で書き込みが可能
      RDB上のデータを修正した場合にNotes DB上の対応する文書に反映させる(*2)ことが可能です。
      これにより既存のNotesを無駄にすることなく、自由に最新のアプリケーションを利用することが可能になります。

(*1)対応するRDBはMicrosoft SQL Serverです。その他のRDBについては別途お問い合わせください。

(*2)RDBからNotes DBへ書き込みを行う場合、リッチテキストの反映には制限があります。詳細はお問い合わせください。

動作環境

  • .NET Framework 3.5以降が正常に動作する環境
  • 最小でもNotesクライアント1ライセンスが必要
  • WCF Webサービスを利用するためには、Microsoft IIS 6.x以降が必要

ライセンス価格(税別)

  • 実行ライセンス

    Interactive Library for Notes

    1,500,000円
  • オプションライセンス

    RDB Adapter
    (*1)

    300,000円
  • 保守

    年間保守サービス
    (必須)

    ライセンス標準価格の20%

Q&A

Interactive Library for Notesに関するご質問とその答えをご紹介いたします。

  • Lotus Notesで設定されているACL情報の取得は可能ですか?

    ACL情報の取得は可能です。取得できる情報は、主なものとして「ユーザーの種類」、「アクセスレベル」、「アクセス権限」等です。
  • Lotus Notesのクライアントのユーザーを偽装することは可能ですか?

    Lotus Notesから提供されているNotes CAPIには実行中にユーザーを切り替える機能が無いため、偽装はできません。
    それぞれ必要なアクセスコントロールを付与されたNotesクライアントを用意していただきそのクライアントを介してアクセスすることになります。
  • Microsoft Office SharePoint ServerにおけるユーザーとNotesのユーザーとのマッピングは どのように考えれば良いのでしょう?

    Lotus Notesから提供されているNotes CAPIには実行中にユーザーを切り替える機能が無い為に、それぞれ必要なアクセスコントロールを付与されたノーツクライアントを用意していただきそのクライアントを介してアクセスすることになります。
    その際、MOSS等のアプリケーションからはMOSS側のユーザーがどのNotesのクライアントを利用するかを制御するように作りこむ必要があります。
  • Interactive Library for Notesで取得したデータのデータ型を取得することは可能でしょうか?

    可能ですが制約事項があります。
    現状のInteractive Library for NotesにおいてはNotesからデータ型を取得する際対象となっているデータ項目にデータが入っている事が条件となります。対象となるデータ項目にデータが存在しないとNotesからデータ項目が取り出せないためです。
  • Library Client側から接続先のInteractive Library for Notesを変更することは可能でしょうか?

    Library Clientは設定されたInteractive Library for Notesに接続するようになっています。
    Library Client側からプログラムが動的に指定したInteractive Library for Notesへ接続する機能は実装していません。(実装には、別途工数が必要です。)
  • Interactive Library for NotesはNotes文書のフォームの移行ができるのでしょうか?

    Notesの内部的には、フォーム、View、文書も全て"Notes文書"として格納されています。 Interactive Library for Notesは内部が三層構造になっており、上位のWebサービスのレイヤーではそれぞれを区別なく返すようになっておりますが、下位のC++のレイヤーではフォーム、View、文書の区別をしていますので必要に応じてWebサービスのレイヤーに実装は可能です。
    なおフォームの移行ツールに関しては弊社では提供しておりません。取得した文書をXHTMLの形式で提供しますのでXSLTを記述することによって静的文書(HTML)への変換やXAMLへの変換によりアプリケーションからの利用も考えられます。
  • リッチテキストの表現は取得可能でしょうか?

    Interactive Library for Notesは、Notes文書のデータを読み出す際には、ほぼ同等のレイアウトになるようXHTML形式でマークアップされます。
    色や文字の大きさに関しても可能な限り近くなるようにしていますが、Notes文書からXHTML形式へ変換する際に色や文字、文字の大きさなどは全てHTMLの形式に変わるため、元の文書と全く同じ表現にならない事があります。

ページTOPへ