1. マイグレーションメニュー
  2. >
  3. TOPページ

マイグレーションメニュー

オン・デマンド・ワンはServer、Database、Framework、GUI、言語、Web System、Mobile、Application、ブロックチェーンなど、さまざまなマイグレーションをご提案しています。



サーバー・マイグレーション

    旧バージョンのサーバーから新バージョンのサーバーへ

  • (例)Windows Server 2008からWindows Server 2012へ

  • 有償サーバーから無償サーバーへ

  • (例)RedHatからCentOSへ

  • オンプレミスサーバーからクラウドサーバーへ

  • AmazonAWSや他社のクラウドサーバーへ移行


データベース・マイグレーション

    旧バージョンのデータベースから新バージョンのデータベースへ

  • Oracle旧バージョンから最新バージョンへ
  • SQL Server 2008などのバージョンから2016などへのサーバーへ

     

    新しいバージョンのデータベースに移行する場合、ストア―ドプロシージャのAPIで廃止されたものについての変更が必要になります。この廃止されたAPIの置き換え及び、データ移行のサポートを行います。


  • 有償のデータベースから無償のデータベースへ

  • Oracle/SQL ServerからMy SQL / PostgreSQLへ

     

    有償データベースは、ライセンスの価格が上昇傾向になります。オープンソースなどの無償データベースも、機能的には有償のものと遜色ない機能を持っています。性能や機能で問題ない場合、無償のデータベースへの移行が有効です。弊社では、移行のため、ストア―ドプロシージャの移行、データ移行などをサポートしています。


  • RDBからNO SQLデータベースへ

  • ピンポイントでパフォーマンスが必要なシステムで有効

     

    ユーザデータの取得など、あるキーを用いてそのプロパティー情報を取得するためには、No SQL データベースが効率的です。パフォーマンスを得るためには、No SQLデータベースの活用が必要なケースが増えてきています。弊社では、この移行のサポートをしています。


  • RDBからHadoopへ

  • 大量データ分析へ

     

    RDBで蓄積していたデータが大量になり、分析処理に時間がかかるようなケースが増えてきています。このような場合、Hadoopなどの大量データ分析の専用システムへの移行が必要になります。弊社では、大量分析のためのデータ移行のサポートをしています。

フレームワークマイグレーション

    旧フレームワークから新バージョンのフレームワークへ

  • .NET Framework 1.1から最新の.NET Frameworkに移行

     

    .NET Framework1.1を利用しているシステムは、すでにサポートが終了しています。早急のバージョンアップが必要です。また、各.NET Frameworkのバージョンのサポートポリシーは複雑で、WindowsOSのバージョン、3.x/4.xのようなメジャーバージョンによってポリシーが異なります。利用しているバージョンを確認して対応が必要かの確認が必要です。

     

  • Struts1.xからStruts2以降のバージョンへ

     

    現在利用されているフレームワークの構造は、Struts1.xのものとは大きく変更がされており、今後、新しい機能を取り入れていく上では、新規のフレームワークへの変更が必要です。

 



GUI

    FlashからHTML5へ

  • iOSではサポートされていないFlashですが、現在も多くのサイトがFlashを利用しています。FlashからHTML5への変更をサポートしています。


コンピュータ言語の移行

    古い開発環境を新しい開発環境へ

  • VB6を.NET(C#, VB.NET)へ
  • VB6を.NET(C#, VB.NET)へ

  • Objective-C から Xamarinでのハイブリッド開発へ
  • CobolをJavaに変換


Webシステム

    古いWebシステムを新しいWebシステムへ

  • ASPをASP.NETへ
  • ASPをASP.NETへ


    有償Webサーバーを無償サーバーへ

  • (例)WebLogicをTomcatへ


Mobile

    Ojbective-Cで開発されたiOSアプリケーションをXamarinでのハイブリッド開発に移行


    Javaで開発されたAndoridアプリケーションをXamarinでのハイブリッド開発に移行



Application

    Notesのデータをさまざまなシステムで有効活用

  • NotesをSharepointへ
  • Interactive Library for Notes



ブロックチェーン

    集中管理システムをブロックチェーンへ

  • ブロックチェーン化により、コストダウン
  • プラベートチェーンシステムへの移行で、独自のブロックチェーンサービスに移行
  • (例)契約管理をスマートコントラクトを利用したシステムに移行


ページTOPへ